ローズヒップオイル

野ばらの種から採れるローズヒップオイル。

天然の美白成分レチノイン酸(ビタミンA)が豊富に含まれ、皮膚組織の再生を促す働きがあるのでお顔のエイジングケアに”もってこい”の植物オイルになります。

他にも・・・

・毛穴

・ニキビ、ニキビ跡

にも効果的とか♪

 

ワクワクするような^^このオイル。

12月に出させてもらった「みずたまもよう」のクリーム作りWSでご希望の方に使っていただきました。

 

私自身も手作りクリームに入れて使っていますが、

これがなかなかGOODなのですww

毎年、真冬の今頃になると決まってカサカサ、コナコナしていた顔が、この冬は全く出ない!!

ただの不精だったのでは?なんて声が聞こえてきそうですが。。。。

とくに加齢が気になる肌に役立つということですので、これからも欠かせないオイルとなりそうです。

ところで、ナチュラルな物ってなかなか結果が出なかったりします。

でもビタミンCやビタミンA、ヒアルロン酸・・・・など単一成分に特化したものではなく、

ローズヒップであれば美白によいレチノイン酸、保湿・抗炎症作用のリノール酸、他にもαリノレン酸、ビタミンC、ビタミンEなどたくさんの栄養素が含まれていますが、それらをまるっと一緒に塗る(摂る)ことで、シミをシワを少しづつ改善しながら元々もつ肌の自然治癒力を高めてくれるのです。

まさに『肌力の底上げ』

なによりも副作用が出にくいというのが、安心して使えますね。

もちろん、アレルギーなどがないことが前提。

また天然のものだからといって、みなさんのお肌にあうとは限りません。

テスターなどで試して、あうかあわないかはご自身の感覚でご判断くださいね。

ローズヒップオイルを購入される場合は、酸化しやすいので少量ずつ、そしてなるべく鮮度が良い物(製造年月日が新しい物)にしましょう。 

ローズヒップオイル独特の臭いが多少ありますが、古いものは生鮭のような臭いがしてきます。 

使っている途中で臭いが変わってきたら、それは酸化した油になっていますので使用しないでくださいね。

 

 

上里・本庄のアロマトリートメントルーム
『yururica』
アロマセラピスト・インストラクター うちだきみこ